Home > 記事 > ブログ > 煙突工事 > 【まさかの炭化】オールシングル施工の恐ろしさ
煙突工事 | 薪ストーブ設置工事 | 記事

【まさかの炭化】オールシングル施工の恐ろしさ

熊谷市にて煙突の改修と薪ストーブの入れ替え工事でした

今回お邪魔した現場は20年程前に施工された煙突らしいのですが…

オールシングル管で支持も雨仕舞も甘く、軽く持ち上げただけで光が漏れだしました。

これでは雨漏り必至です。

更に屋根に登ってチムニーを開けてみるとなんと!

炭化してしまっているのです!

熱々になるシングル管の至近距離に木材を回したらそりゃあこうなります(燃えなくて良かったです)

断熱煙突であれば表面を手で撫でることができる程度の温度なので良いのですが

シングル管では耐熱処理はしっかりしないといけません。

今回はオール断熱管での改修となりますので炭化の心配はまずありません!

シングル管は歪みやすいためあり支持の強度も弱くなりがちですが

二重断熱煙突であれば支持の強度は格段に上がります。

煙道の中にも堅牢な支持金物を付けてな強度は十分です。

今回設置したのはホンマ製作所HTC-90TXでした。

電話をかける