神奈川県逗子市にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:逗子市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
薪ストーブを入れた家庭で一番頭を悩ますのが、燃料の薪の手当てであろうか。ストーブを入れられた家庭が常に薪が手に入るとは限らない。回りに山がない場合もあるし、家計の都合で燃料代にお金を賭けられない場合もある。そこで、簡単な薪の代用品の入手について考えてみる。

まず、近所に適当な山がない場合では、近くの製材所を訪ねることをお勧めする。そこで出る材木の切れ端をもらうのが一番てっとり早い。ただし、注意して欲しいことがある。
それは、いただく材木の部分の事である。もらう部分は必ず原木の外の皮の部分、通称コアと呼ばれるところだ。この部分は材木としては使わない部分なので、必ず余りとして出る部分で、皮が付いているために燃え易い。
次に、材木の芯近くで寸法切りしたとき出る木材の切れ端。これは非常に良く燃える上に、酸素が当たる部分が多いので、普通の薪より熱量が高いので重宝するのである。

そしてオガクズ。言うまでもなく火付けにはもってこいである。できればカンナくずならば最高に良い。モコモコしていて空間があり、火付けには最高の材料となる。これも原木から出たものに限る。
片や、合板などのきれ端は遠慮しておくこと。ニスなどの塗料や殺虫剤が塗布されているので、これを燃やすと有毒ガズが発生するので気をつけよう。
製材所でもクズがない場合もある。そんな時は、公園とかの落ちた枝をいただこう。木を切ったり、枝を折ったりすることは当然できないが、自然に落下している枝を集めて使うのはエコですので、自然の燃料として最適です。また、落ち葉も良い焚きつけになるので拾って使おう。

また、河川敷で生えているアシなども乾かせば立派な燃料となる。放置しておけば腐るだけなので、燃料として有効利用もできる。 竹も使えるが、くれぐれも縦に割って使わなければパンパンと跳ねるので気をつけなければいけない。近くに竹やぶなどがあれば所有者に掛け合ってみるのもよい。竹やぶも古い竹を切らないと良くならない。普通の所有者なら歓迎するはずだ。
近くに山があれば言うことはない。ただ、勝手に木を切れと言っているわけではない。スギ、ヒノキの枝が地面に沢山落ちているはずだ。これをいただこう。
スギ、ヒノキの枝葉は古いものは自然と地面に落下してくる。これを葉のついたままの状態で持ち帰り日に干して乾燥する。
カラカラに乾燥できたら、そのままストーブの燃料として使えばよい。スギ、ヒノキの枝葉は適度に油部分があり非常に燃え易い。それをカラカラに乾燥させると火付きが非常に良い。
これをストーブに中に入れて、マッチで直接火をもっていっても簡単に着火することができる非常に便利なモノである。
この枝葉と材木の切れ端があれば薪ストーブで充分に暖をとることができる。エコが叫ばれる今の日本。簡単な工夫で社会貢献と節約、そして、省エネの3役を果たせるのも薪ストーブの良いところ。
一度、家の周りを見回してみるのもいいかもしれない。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白