神奈川県横浜市にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:横浜市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
薪ストーブ。阪神大震災以来、ライフラインの破壊による現代のインフラ設備の脆弱さを目の当たりし、古来からの「火」の暖かさを求める愛好者により脚光を浴びています。
ただ、昔の日本製薪ストーブ、俗にダルマストーブ呼ばれていた物とはデザイン、性能とも大きくことなる、海外製薪ストーブに人気が集まっています。
海外製の薪ストーブは大きく3タイプに分かれており、欧州、米国、豪州でのメーカーが他の国産や中国製メーカーとの人気を大きく引き離している。
因みに例をあげてゆくと、欧州では、ドブレ(ベルギー)、ウオーターフォード(アイルランド)、NIBE社のコンツ-ラ(スエーデン)。米国では、クアドラ・ファイアー、サンセット、バーモントキャスティング、ダッチウエスト。豪州では、ピキャンなどが有名どころ。

国の好き嫌いは別にして、大きく違う点はやはりデザインということになってくる。端的にいえば、欧州メーカーの薪ストーブは、デザインが斬新であることに尽きる。見た目では昔のストーブをイメージさせない、シンプル&洗練された形状と実用面での充実さを併せ持つ新時代の薪ストーブ。

一方、米国、豪州ストーブは基本的な形状は変化せず、大きく、昔風のデザイン。機能面もパン焼きやダッチオーブンなども充実。見た目より実用本位を優先しているといえる。
ザックリとした各国ストーブの色分けですが、見た目重視か機能性重視かが各国のストーブの顔と理解していだきたい。
では、日本ではどちらのタイプのストーブが合うのかといことになる。それを考える上で、各国のお家事情を見ると良くわかる。欧州では郊外の広い家を除き、街中ではアパート、マンションが圧倒的に多い。築100年などのアパートも珍しくない。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白