神奈川県横浜市磯子区にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:横浜市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
最近、自然に戯れる機会がめっきり減ったために、人間としてのサバイバル能力の低下が著しい。
サバイバル能力といっても多岐に渡るが、その中でも一番の能力が火をおこす能力といえるだろう。火が起こせなければ食べ物の調理はできないし、湯も沸かすことができない。また、暖をとることも、服もかわかせない。
都会に住んでいると何も感じないが、火を起こすことが重要な仕事であることは今も変わらない。

薪ストーブを設置された家庭で最初にぶち当たる問題が火起こしである。今は着火剤というものがあるが、これも火起こしの原理を知らないとなんの役にも立たない。
よくある誤解は、大割の薪に着火剤を振りかけたら簡単に燃えると思っている方が多い。
「火を木に近づければ簡単に燃える」訳がないのである。理由は至極簡単。年輪が詰まった古木は石のように固くて重い。木の繊維が圧縮されているために、火が燃え移るような空間やささくれがない。
これだけ密度がある古木に一度で着火しようとすると、火炎放射器なみの炎で炙る必要がある。
それと火が燃え上がるためには十分な酸素がなければならない。年輪が詰まった木には隙間がなく、空気が入る余地がないため、火を近くに寄せてもすぐに鎮火してしまうのだ。

薪ストーブを入れたが、木に火が点けられなければ宝の持ち腐れでしかない。 昔、落ち葉拾いなどでたき火を起こしていた方なら簡単なことではあるが、最近の都会では何処に行っても「たき火禁止!」では、火起こしできない人たちを責めるわけにもいかない。

そこで簡単な火起こし方法を述べておくとしよう。基本は同じで、原理さえ覚えてしまえば誰にでもできること。
ポイントは、「空間」と「小さい木から大きな木」ということに尽きる。 まず、着火用に新聞や紙を置くが、ここでも空間ができるようにくしゃくしゃにして、綿菓子のようにモッコリして置く。これで火を点けても空気がたっぷりあるために大きく燃え上がる。
その紙のモッコリに立て掛けるようにして、木の破片やささくれ、落ち葉、小枝などを置く。ここでも「小さい木から大きな木」の原則とおりにすること。
これで着火すると種火が木クズに燃え移る。その燃え上がった種火に少しい細めの薪をその火の上にかざすように置く。
ここもポイントの「空間」を活かすこと。火の上に木をバサッと載せると空間がなくなり、酸素がゼロ。火も鎮火ということになってしまう。
この木に火が燃えうつったら同じように徐々に大きな薪を空間があるようにして、火にかざしてゆくだけで良い。

いつの間にか、ゆったりとした炎が燃え上がる.ようになる。これができるようになれば、薪ストーブのマイスターの仲間入りである。火おこし出来る者が火と対話できるからだ。
火と戯れる面白さを薪ストーブで存分に堪能していただきたい。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白