神奈川県横浜市保土ヶ谷区にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:横浜市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
古来、火があるところに煙あり。明治以降になり防火の観点から煙突というものが登場しました。長く日本中の住宅の一部として見慣れた光景であった煙突。 しかし、電気器具の進化により、火そのものから煙が消え、煙突自体不要になった現代社会。

煙を忘れた現代人。薪ストーブに火を入れて、薪が炎をあげて燃えだす時、木の焼ける香りが何か忘れていた懐かしいものを思いださせる。

役目を終えた木が燃えて、煙になって天に帰る道が煙突なのかもしれない。そして、煙突を通して色々な声をあげてゆく。高温になりすぎたら人間のように「キン、キン」とにぎやかに。

燃えが悪く、くすぶっている時は匂いで燃え具合を知らせてくる。音と香りで人に呼び掛け、会話をしているのだろう。
煙突そのものもあまり見る機会がない都会。薪ストーブを入れてゆったりとした生活リズムになるようになるらしい。

パチパチと燃える薪、匂い立つ木の香り。その空間にいるだけでゆったりとした時間が、ストーブのある場所に流れる。その煙を最後に導く煙突。

薪ストーブの煙突は昔と違いハイテクが施されているのも特徴である。なんと言っても二重構造になっており熱が直接伝わりにくくなっているため、火事が起きにくい。

それと都会でも使えるように煙突からでる煙にも一工夫が施されている。大抵の薪ストーブには一度出た煙を再燃焼させて、黒い煙が出ない構造にされている。

この構造は煙突の寿命をも大幅に伸ばすことになる。その理由は、ススが少なければ煙突内に付着する量も減ることに。内部にススが溜まると、内部の温度が上がり、煙突の劣化を早めるだけではなく、高熱になりすぎ火事の原因ともなるためです。
また、掃除にしても、1年に何回か、スス取り用のクスリを薪にかけて燃やし、低温になってから煙突を叩けばススがはげ落ちてきて、簡単に煙突掃除ができるようになっている。
自然の香りを楽しみながら、手間は昔と比べものにならないくらいかからなくなっている設備、そしてその仕様。
環境も昔と変化して煙に対しての耐性がない社会への配慮も忘れずにしているハイテク薪ストーブ。

地震などの天災に極度に弱い今のライフラインと違い燃料さえあればすぐ火が使えて、暖もとれるし、料理もできる。また、環境にやさしいエネルギーという点でも優れている薪。

煙突を通して自然との会話も楽しめるこれからの暖房器具といえるだろう。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白