神奈川県平塚市にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:平塚市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
薪ストーブを購入された方がアウトドア派になられることも多い。元々、自然に触れたいと思っているのが理由だが、案外、薪の調達からアウトドアが好きになられる人も多い。
そこで野外での活動の楽しみの1つがアウトドアクッキング。最初はお湯を沸かす程度だが、段々それに満足できずに、本格的な料理を作りたくなるのが人情だ。

ただ、問題になるのは火の扱いである。日本全国、焚き火禁止が多い。後しまつの不備が原因の火事や環境汚染の原因など言われているためだが。そこで、私が利用する焚き火専用の移動暖炉、ファイヤープレイス。
キャンプファイヤーを囲んでの団欒は最高の時間。この携帯用暖炉は車輪つきで簡単に移動できるだけでなく、消化の方法も専用の固定式のフタが付いているためロックしてしまえば完全消化が可能。
焚き火の後を残さずに手軽にキャンプファイヤーを楽しめるし、バーベキューグリルとして使用できる。焚き火のみの場合は、フードを取り付けておけば、火の粉が飛び散る恐れがないため安全だ。

料理時にはフードを取り外して使うことになる。トライポッド、つまりダッチオーブンを焚き火の上につるすための、頑丈な鉄製三脚。これを使いダッチオーブンを吊り下げて調理する。
ダッチオーブンにもキャンプ用のものが多数ある。その違いは、フタの上に炭や薪を載せることができること。煮込み料理だけでなく、蒸し焼き料理なども簡単にすることができる。もちろん、フライヤーもあり揚げ物も作ることが可能。
ダッチオーブンの料理がなぜ美味いのか?自然の中での食事だからなのは言うまでもないが、その秘密はナベの構造にある。その思い鉄製のフタの裏側には、蒸発してくる水分を受け止める突起があり、食材の旨みを逃さず閉じ込めるためである。特に、ロースト料理には欠かせない機能を備えているのがダッチオーブンなのだ。
キャンプ用のダッチオーブンには、8インチ~から14インチの大きさのものある。それとは別に深鍋、浅鍋、フライパン、フライヤー。果ては、フライドチキン専用のフライヤーまで揃っている。

大自然のなかで食べる熱々のフライドチキン。想像しただけでお腹が空いてくる。大自然の中で大抵の料理ができてしまうところが驚きだ。もちろん、薪ストーブで毎日使い込んでいる調理器具を使うこともできる。
最後の調理器具はケトル。ケトルも大きさが色々ある。材質は鉄製から、銅、真鍮(しんちゅう)製などあるが好みで選べばよい。
変り種のお勧めは、エスプレッソ・カプチーノメーカーである。欧米人のこだわりがハンパでないことがよくわかる。これもファイヤープレイスに載せておけば、簡単にエスプレッソが作れる。カプチーノは付属のスチームノズルから噴出する蒸気でミルクを泡立ててエスプレッソに加えれば出来上がり。
一度すると病み付きになるアウトドアクッキング。薪ストーブ愛好家のアウトドアは一味も二味も違う粋なもの。
ぜひ、洗練されたアウトドアクッキングの世界に是非一度訪れてみてください。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白