神奈川県綾瀬市にお住まいで、薪ストーブの導入をご検討の方にお知らせがあります。
弊社ホームページへの記事掲載にご協力をいただけますことを条件に、モニター価格で工事をお受けいたします。
対  象:綾瀬市他、神奈川県内の新築住宅、既存住宅、店舗、事務所
掲載内容:薪ストーブの煙突工事~本体設置工事に関わる部分の画像
※お申込み状況により、神奈川県内の該当市町村については、日々変動いたしますので、詳細はお問い合わせください。

空白
薪ストーブは好きだが、薪を作るのが面倒だという方も多い。確かに、玉木を割って、干してという作業は手間が掛かる作業だ。
かといって、薪がなければ薪ストーブはお話しにならない。燃やす物がなければただの鉄の塊に過ぎないのだから。
体力的にも自信がない方も多いので、薪割り木の導入も考えなければならない。 年に1~2回しか使わないのだが、あると無いとでは作業の質に雲泥の差が出るので、やはりあったほうが便利なスグレものである。

では、実際に購入する場合に、どこで買えば良いのか?また、エンジン式と電動式の2種類があるがどちらが良いのか?そこで迷われる方に参考として述べてゆく。
薪割り機は国産で何種類か販売されている。特に、良いメーカー、悪いメーカーは存在しないので好みで選べばよいと思う。ただし、購入前に以下のことは留意してから機種を決めることをお勧めする。
まず、サイズ。あなたの自宅のスペース、つまり、シーズンオフのほうが長い薪割り機。結構かさばるシロモノであるので、保管スペースを確保しておく必要がある。
次に、どのサイズの薪を作るのかを決めてから、薪割り機を選ぶこと。薪割り機でも小型のものは、割れる薪のサイズが1種類のみであることが多い。小さいストーブならそれでも良いが、暖炉や大型のストーブでは、サイズの小さい薪では燃焼効率が悪い上に、薪を割る手間が余分に掛かることになる。自分の必要な薪が割れるかどうかを調べてから機種を選択すること。
そして、駆動系がエンジン式か電気式、どちらにするかである。エンジンは力が強い、持ち運べる。しかし、電源不要だが、音がうるさい、メンテナンスが必要という欠点もある。
片や、電気式は低音、メンテナンス不要。だが、力が弱い、移動不可、電源がないと使えないという欠点がある。どちらを使うかは各々の事情による。
私も1台所有しているが、エンジンシ式で木の長さ48センチまで割れるものだ。暖炉用のサイズも考慮に入れての機種である。力は強くて、カシの木もラクラク割れるので重宝している。

ここでメンテンナンスのことを述べておこう。エンジン式の最大のトラブルはキャブレターも目つまりである。ガソリンは高温では劣化し易いため、キャブレターにたまったガソリンが劣化して詰まり、エンジンにガソリンが遅れないトラブルがすぐ起こる。
これを防ぐには、長期のオフ前にエンジンコックを閉めて、ガス欠状態でエンジン停止させることと、キャブレターのコックを解いて、中のガソリンを抜いてしまうこと。これをしておけば次のシーズンでのエンジントラブルの心配はしなくて良い。
それと薪割り時の注意としては、目を保護するためのゴーグルは必ず装着すること。木が割れる時に、想像できないハネ方をするので、目を傷つけることがあるからだ。私の知り合いのも何人かケガした人もいるし、1人は片目を失明する羽目になった。油断は禁物だ。
また、手袋は必需品だが、皮製もモノをお勧めする。軍手類は目が粗いためにトゲが刺さることと、軍手は引っかかり易く、木やチェンソー歯、巻き割り機などの巻き込まれる危険性がある。重大事故にも繋がるので手袋の選定には最新の注意を払うべきだ。

以上のことに気をつけて、楽しい薪割りを行って欲しい。

空白 神奈川県最安値保証 空白 キャンペーン
トップに戻る
空白